<< 松戸南部市場 | main | メキシコ・カンクン 1Day ―佝〜到着 >>

J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE

GUITAR JAMBOREE 3

真冬に車でラジオを何気なく聞いていたら、
3月に「ギター・ジャンボリー」なるライブイベントがあるそうで。
両国国技館で、相撲を観るように飲食しながらギター1本のライブが観られるとか。
しかも出演者に好きな人が多いので、早速チケットを取りました。

GUITAR JAMBOREE 1

さて当日。13時開演ですが、12時過ぎには結構な人出。

GUITAR JAMBOREE 2

本場所の力士のように、出演者ののぼりが風に揺られていました。

GUITAR JAMBOREE 4

土俵を模したステージ。

GUITAR JAMBOREE 5

席は色々あるのですが、選んだのは枡席。
以前も相撲を観た時利用しましたが、大人4人でこのスペースはかなり窮屈。
ライブチケットも4人まで座れますが、なんせ6時間の長丁場。
二人でゆったり過ごすことにしました。

GUITAR JAMBOREE 6

国技館名物「やきとり」をつまみに乾杯。
このやきとり、冷めても旨いんです。

ライブの出演者は登場順に
■Rake
■奇妙礼太郎
■竹原ピストル
■藤巻亮太
■岸田 繁(くるり)
■ナオト・インティライミ
■奥田民生
■玉置浩二
■トータス松本(ウルフルズ)
の9人。

一人の持ち時間が決まっているようで、4〜7曲位を歌ってくれました。
こうして続けて色んな人のギターを聞くと、音色の違いが分かって面白い。

GUITAR JAMBOREE 8

国技館なのでちゃんこも食べられます。

GUITAR JAMBOREE 9

ただし席には持ち込めず、地下の大広間で頂きます。
(本場所のときも同じルールでした)

GUITAR JAMBOREE 7

飲みながらのライブは楽しい。楽し過ぎる。
聞きたかった人も、全然知らなかった人もじっくり聞きいってしまいます。
そして、一番良かったのは玉置浩二さんでした。
歌声が圧倒的に素晴らしい。衣装もド派手。

GUITAR JAMBOREE 10

会場限定、発売前のマスターズドリーム(醸造家の夢)の生ビールを頂きながら、
耳も心もすっかりほろ酔いのいい気分になりました。

at 14:13, bunama&まなBoo, 旅 【 国内 】

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://blog.donraku.moo.jp/trackback/952002